MOVIE

天使のいる図書館

天使のいる図書館

【出演】

小芝風花
横浜流星 森本レオ/香川京子

【スタッフ】

監督:ウエダアツシ
脚本:狗飼恭子

葛城地域観光振興シネマプロジェクト
・葛城地域観光協議会
(御所市/大和高田市/香芝市/葛城市/広陵町)
・映画製作委員会
(ワンダーラボラトリー/JR西日本コミュニケーションズ/HORIZON /ユナイテッドエンタテインメント/ライブラリーコンテンツサービス)

美しい景観に恵まれた神話の里~奈良葛城~。

この春、この地を舞台にした映画プロジェクトがスタートしました!


奈良県の中西部に位置する大和高田市、御所市、香芝市、 葛城市と広陵町でつくる葛城地域観光協議会は、 地元の魅力を映画で伝えようと、 「葛城地域観光振興シネマプロジェクト」を今年の4月25日に発足しました。

映画のタイトルは『天使のいる図書館』(仮題)で、 葛城地域に実際にある図書館を舞台にした物語です 出演キャストは近日中に発表され、クランクインは今秋を予定、オール葛城地域での撮影が行われ、2017年初春の公開を目指します。


 本作品のメガホンをとるのは、2014年公開の映画『リュウグウノツカイ』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門「北海道知事賞」を受賞した、地元奈良県出身の新鋭のウエダアツシ監督です。2016年には、合唱を通して成長していく高校生たちを瑞々しく描いた『桜ノ雨』(第28回東京国際映画祭「パノラマ部門」招待作品)の監督を務めるなど、今最も次回作が待たれる監督のひとりです。

 脚本は竹内結子を主演にしたラブ・ファンタジー映画『天国の本屋〜恋火』(04年公開、篠原哲雄監督)や、映画『百瀬、こっちを向いて。』(14年公開、耶雲哉治監督)、『ストロベリーショートケイクス』(06年公開、矢崎仁司監督)など、上質な作品を多数手掛けてきた狗飼恭子さんが担当します。

 等身大の女性の姿を描き、数々の名作を作り出してきた狗飼さんの脚本に、自身の出身地でもある奈良県を舞台に様々なアイディアを膨らます新鋭のウエダ監督の演出が加わり、どんな映像に仕上がるか今から期待が高まります。是非これからの情報にもご注目ください。



【ストーリー】


葛城地域にある図書館に新しく女性司書が赴任した。 大学を卒業したばかりで、 初めての職場環境と仕事にとまどいながら日々を過ごしていた。そんなある時、図書館に訪れた一人の利用者の探し物を手伝うことになったことから、葛城地域を巡るようになり、 地域の歴史や地元の良さを再発見していく。 同時に、彼女自身も地域の人々の関わりを通して様々なことに気づきながら、 成長することになる。 葛城地域の美しい景観。そして、この地に住む人びとが織りなす心温まる物語。


※司書とは・・・都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、出業務、読書案内などを行う専門的職員のことである。


オフィシャルサイトへ

前のページに戻る